2017年08月08日

台風一過

台風一過


台風5号により、お亡くなりになられた方並びにご関係の皆様に哀悼の意を捧げますと共に、被害に遭遇された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

関東、東北の皆様は今も台風5号の暴風圏で大変と存じます。どうか、被災されぬよう 心より祈念いたします。

私の住む和歌山県は昨日の午後2時から3時頃にかけてがピークで、一夜明けた今、8月8日午前8時10分は、快晴で微かな心地よい風が吹いています。

すべての災害に通じることですが、ことが起きてから対策しようとしても、効果は期待できません。いかに、事前に備えておくかが大切です。

「備える」と聞くと防災グッズや食料を買いためる方がいらっしゃいますが、事後に活用するモノを言っているのではありません。

災害が起こる前、何の予兆もない、平和で仕事に追われている日々の生活の中で、わずかな憩いの時間を使って準備しておくことが生と死の分かれ目に遭遇した時、生きる可能性の確立を高めることに繋がります。

台風への備え、豪雨への備え、土砂崩れへの備え、地震、津波への備え等々、環境、住居、家庭、経済等によって人それぞれの備えるべきものは様々です。自分の場合、様々な災害に対して何をなすべきか、考えてみる時間、行動に移してみる時間を作ることか゛第一です。

先ず、一人でやってみることか゛自分の命を守ることに直結します。一人で考え、行動してみましょう。そのうえで家族と、友人と、ご近所の方と、会社の方と、第三者の方と、それぞれの場面で助け合うことに繋がります。

最初は、一人で始めてみましょう。 


同じカテゴリー(NPO(特定非営利活動法人) 震災から命を守る会)の記事画像
『平成29年「1.17阪神淡路大震災からの教訓」』 の ご報告
震災から命を守る会 岐阜県支部からのご報告 2
震災から命を守る会 岐阜県支部からのご報告
『平成28年「1.17阪神淡路大震災からの教訓」』 の ご報告
防災・防犯まちづくり -みんなでつくる災害に強い環境づくり- ダイジェスト
家族を守ろう、災害時に備えたペットの救護対策
 平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震 (2018-09-07 09:36)
 天変地異 2 (2018-09-06 11:50)
 天変地異 (2018-07-28 22:20)
 大雨豪雨被害 (2018-07-08 08:20)
 巨大地震情報 (2018-06-27 13:16)
 大阪北部地震 (2018-06-22 03:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。